ホーム > 未分類(一般)

20200705_新任薬剤師研修会 共通アンケート(総合)

本日はお忙しい中、研修会にご参加いただきありがとうございます。
より質の高い研修会を皆様へ提供することを目的として、アンケートにご協力をお願い申し上げます。
なお、本アンケートへの回答が研修会の「参加の証」の一つとなりますので、原則として開催翌々日の15:00までに回答してください。

※お手数で恐縮ですが、演題ごとにご回答ください。

演題(1)リスクマネジメントについて

演題(2)薬剤師の倫理

演題(3)適正な保険請求(算定要件)について

演題(4)法的根拠から考える「薬局がしなくてはならない事・してはならない事」

 

講演中の簡易アンケート及び本アンケートへの回答を含め、適正な受講が確認されましたら、後日研修シールを郵送いたします。
ただし、G01日本薬剤師研修センターへの申請を予定されていて「受講証明書」が必要な方は、別途返信用封筒(長形3号推奨・切手貼付:定形普通郵便の場合94円)を本会事務局までお送りください。

※同日に複数の演題を受講された場合でも、返信用封筒は1通でかまいません。
※返信用封筒の送付がない場合には、受講証明書(研修シールを含む)は送付いたしません。

なお、本アンケートに記載いただいた個人情報については、研修シール送付以外の用途には使用せず、
またご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。
個人情報の取扱いについては事務局までご連絡ください。

 

神奈川県薬剤師会事務局(事業課)

〒235-007横浜市磯子区西町14-11
tel:045-761-3241/fax:045-751-4460
e-mail:jigyou@mail.kpa.or.jp

 

未分類(一般)

テスト

B依頼型共催研修会(2020年度募集)

研修事業実施団体の募集を下記のとおりに行います。
なお、応募申請いただきました研修会に対し、生涯学習委員会研修企画・運営小委員会において選考審査を行います。後日、結果をご連絡さしあげます。

◆募集条件
 以下の①~④を満たすこと。
 ①共催研修の対象実施団体:
   (ア)薬剤師会等の薬事又は医療に関して公益的な事業を行っている法人
   (イ)病院などの医療機関、大学などの研究教育機関
   (ウ)上記の他、公益社団法人神奈川県薬剤師会が適当と認める個人・団体等 
  ※上記のいずれにおいても、政治・宗教・営利を目的とした活動をしていないこと。
 ②研修内容: 
       「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)」でプログラムとしていること。
 ③研修シール:「神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度」の研修シールとする。
 ④研修時間:神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度規則細則第3条の単位基準より
  (ア) 45分以上90分未満:0.5単位
  (イ) 90分1単位(以後、45分ごとに0.5単位 ただし、1日上限4単位)
  (ウ) 講師、演者は1回1単位付与

◆申請方法
研修1回開催の研修会ごとに、書類を申請ください。年度を通じて1団体5回限りとします。
申請に必要な書類は下記のとおりです。
00. 募集一覧
01.  研修会開催申請書(B依頼型)
 ア. (研修コード2020401B)_プレアボイド合同研修会(B依頼型)
 イ. (研修コード2020201B)_褥瘡サミット2021研修会( B依頼型)
 ウ. (研修コード202041501B)_新任薬剤師研修会(B依頼型)
 エ. (研修コード2020101B)_倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
 オ. (研修コード2020102B)_倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
02.  事前チェックシート
03.  研修会開催計画書
04.研修会次第
05.事業予算書

研修会開催後に提出する書類は下記のとおりです。
06.実施報告書
07.  事業費精算内訳書
08.  請求書
09.  次第・テキスト2セット
10. 研修プログラム(次第)
11. 受講者リスト          
12. 研修会事前確認シート
13. 研修会当日確認シート 
 
様式は、下記からダウンロードすることができます。
(01)様式1  開催申請書(B依頼型)
  ア. 申請様式№01_2020B(研修コード2020401B)プレアボイド合同研修会(B依頼型)
  イ. 申請様式№02_2020B(研修コード2020201B)褥瘡サミット2021研修会(B 依頼型)
  ウ. 申請様式№03_2020B(研修コード202041501B)新任薬剤師研修会(B依頼型)
  エ. 申請様式№04_2020B(研修コード2020101B)倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
  オ. 申請様式№05_2020B(研修コード2020102B)倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
(02)様式2 実施報告書
(03)様式3 事業費精算内訳書
(04)様式4 請求書
(05)様式   事業予算書
(06)様式  事前チェックシート
(07)様式  研修会事前確認シート
(08)様式  研修会当日確認シート
(09)様式  受講者リスト
(10)様式   研修会開催計画書

◆募集期間
 「B依頼型(2020年度募集) )」2019年12月10日(火)~2020年1月31日(金)

 募集案内はこちらから、ダウンロードすることができます。

◆採択件数と研修会実施時期・支援の決定
 採択件数:若干数
 実施時期:採択後から2020年1月末日までに実施する研修会とします。
 支援決定:支援の可否並びに補助金については、事業(研修会)支援決定を団体代表者に通知
 します。

◆審査方法
 申請書類は、「研修企画基準」に基づき、研修会内容や支出予定金額、開催の地域・時期・時間
 のバランスなどを総合的に勘案し、共催研修会として審査し、その採否を通知します。
 申請された問合わせ等について、下記のとおりに行います。

 1.審査の結果により変更や照会を求めることがあります。
 2.審査の結果不採択になることがあります。
 3.申請にかかる費用については、採択結果を問わず共催研修の実施団体の負担とします。
 
◆支援(依頼)内容
 1.原則として、事業運営は共催研修の実施団体が、主体的に実施して下さい。
 2.研修会案内等の周知媒体に、共催団体として「公益社団法人 神奈川県薬剤師会」と記載して
  下さい。
 3.神奈川県薬剤師会は、研修会の広報支援(印刷物、ホームページ等)を行います。
 4.研修会当日は、関係者が「研修モニター」として参加し、研修内容がCPC に準拠しているか
  等を確認する事で、研修会の質的な向上を期待できます。
 

◆財政支援
 一回の開催につき上限20万円とし、原則として総事業費の二分の一を対象とする財政支援を行
 います。

  (1)講師謝金・交通費
  (2)会場使用料
  (3)印刷製本費    他
  

問い合わせ先
公益社団法人神奈川県薬剤師会 事業課
235-0007神奈川県横浜市磯子区西町1411
E-mail/jigyou@mail.kpa.or.jp

C提案型共催研修会(2020年度 前期募集)

研修事業実施団体の募集(前期)を下記のとおりに行います。
なお、応募申請いただきました研修会に対し、生涯学習委員会研修企画・運営小委員会において選考審査を行います。後日、結果をご連絡さしあげます。

◆募集条件
 以下の①~④を満たすこと。
 ①共催研修の対象実施団体:
   (ア)薬剤師会等の薬事又は医療に関して公益的な事業を行っている法人
   (イ)病院などの医療機関、大学などの研究教育機関
   (ウ)上記の他、公益社団法人神奈川県薬剤師会が適当と認める個人・団体等 
  ※上記のいずれにおいても、政治・宗教・営利を目的とした活動をしていないこと。
 ②研修内容: 
       「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)」でプログラムとしていること。
 ③研修シール:「神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度」の研修シールとする。
 ④研修時間:神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度規則細則第3条の単位基準より
  (ア) 45分以上90分未満:0.5単位
  (イ) 90分1単位(以後、45分ごとに0.5単位 ただし、1日上限4単位)
  (ウ) 講師、演者は1回1単位付与

◆申請方法
研修1回開催の研修会ごとに、書類を申請ください。年度を通じて1団体5回限りとします。
申請に必要な書類は下記のとおりです。
01.  研修会開催申請書(C提案型)
02.  事前チェックシート
03.  研修会開催計画書
04.研修会次第
05.事業予算書

研修会開催後に提出する書類は下記のとおりです。
06.実施報告書
07.  事業費精算内訳書
08.  請求書
09.  次第・テキスト2セット
10. 研修プログラム(次第)
11. 受講者リスト          
12. 研修会事前確認シート
13. 研修会当日確認シート 
 
様式は、下記からダウンロードすることができます。
(01)様式1  開催申請書(C提案型)
(02)様式2 実施報告書
(03)様式3 事業費精算内訳書
(04)様式4 請求書
(05)様式   事業予算書
(06)様式   事前チェックシート
(07)様式   研修会事前確認シート
(08)様式   研修会当日確認シート
(09)様式   受講者リスト
(10)様式   研修会開催計画書

◆募集期間
 「C提案型(2020年度 前期募集) 」2019年11月25日(月)~2020年1月31日(金)

 募集案内はこちらから、ダウンロード(11月22日掲載予定)することができます。
◆採択件数と研修会実施時期・支援の決定
 採択件数:若干数
 実施時期:採択後から2020年1月末日までに実施する研修会とします。
 支援決定:支援の可否並びに補助金については、事業(研修会)支援決定を団体代表者に通知
 します。

◆審査方法
 申請書類は、「研修企画基準」に基づき、研修会内容や支出予定金額、開催の地域・時期・時間
 のバランスなどを総合的に勘案し、共催研修会として審査し、その採否を通知します。
 申請された問合わせ等について、下記のとおりに行います。
 (審査回答) 2020年2月下旬予定

 1.審査の結果により変更や照会を求めることがあります。
 2.審査の結果不採択になることがあります。
 3.申請にかかる費用については、採択結果を問わず共催研修の実施団体の負担とします。
 
◆支援(依頼)内容
 1.原則として、事業運営は共催研修の実施団体が、主体的に実施して下さい。
 2.研修会案内等の周知媒体に、共催団体として「公益社団法人 神奈川県薬剤師会」と記載して
  下さい。
 3.神奈川県薬剤師会は、研修会の広報支援(印刷物、ホームページ等)を行います。
 4.研修会当日は、関係者が「研修モニター」として参加し、研修内容がCPC に準拠しているか
  等を確認する事で、研修会の質的な向上を期待できます。
 

◆財政支援
 一回の開催につき上限20万円とし、原則として総事業費の二分の一を対象とする財政支援を行
 います。

  (1)講師謝金・交通費
  (2)飲料費(ただし、研修時間内の飲むものに限る)
  (3)会場使用料
  (4)印刷製本費
  (5)備品(投影機器、文具等の研修内で使用するもの)

問い合わせ先
公益社団法人神奈川県薬剤師会 事業課
235-0007神奈川県横浜市磯子区西町1411
E-mail/jigyou@mail.kpa.or.jp

認定薬剤師申請料の消費税率改定に伴うお知らせ

本会研修事業をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2019年10月1日より、消費税の税率が8%から10%に変更されます。
つきましては、消費税率の変更に伴い、神奈川県薬剤師会では、2019年10月1日より認定薬剤師申請料(新規・更新)を改定させていただく運びとなりましたへのご理解をお願いいたします。

 

 (認定薬剤師申請料(新規・更新))

・2019年9月30日分までの申請に関しては、10,000円  (税込)

・2019年10月1日分以降の申請に関しては、10,200円(税込)
 

 

【会員の価格】

・2019年9月30日分までの申請に関しては、5,000円(税込)

・2019年10月1日分以降の申請に関しては、5,100円  (税込)

 

 

 

(本件に関するお問い合わせ先)
公益社団法人神奈川県薬剤師会 事務局事業課
メール:jigyou@mail.kpa.or.jp 

C 提案型共催研修会 (2019年度 後期募集)

研修事業実施団体の募集(後期)を下記のとおりに行います。
なお、応募申請いただきました研修会に対し、生涯学習委員会研修企画・運営小委員会において選考審査を行います。後日、結果をご連絡さしあげます。

◆募集条件
 以下の①~④を満たすこと。
 ①共催研修の対象実施団体:
  (ア)薬剤師会等の薬事又は医療に関して公益的な事業を行っている法人
  (イ)病院などの医療機関、大学などの研究教育機関
  (ウ)上記の他、公益社団法人神奈川県薬剤師会が適当と認める個人・団体等 
  ※上記のいずれにおいても、政治・宗教・営利を目的とした活動をしていないこと。
 ②研修内容: 
       「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)」でプログラムとしていること。
 ③研修シール:「神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度」の研修シールとする。
 ④研修時間:神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度規則細則第3条の単位基準より
  (ア) 45分以上90分未満:0.5単位
  (イ) 90分1単位(以後、45分ごとに0.5単位 ただし、1日上限4単位)
  (ウ) 講師、演者は1回1単位付与

◆申請方法
研修1回開催の研修会ごとに、書類を申請ください。年度を通じて1団体5回限りとします。
申請に必要な書類は下記のとおりです。
01.  開催申請書(C提案型)
02.研修会次第
03.事業予算書
04.  事前チェックシート

研修会開催後に提出する書類は下記のとおりです。
06.実施報告書
07.  事業費精算内訳書
08.  請求書
09.  次第・テキスト2セット
10. 研修プログラム(次第)
11. 受講者名簿           
12. 研修会事前確認シート
13. 研修会当日確認シート 
 
様式は、下記からダウンロードすることができます。
(1)様式1  開催申請書(C提案型)
(2)様式2 実施報告書
(3)様式3 事業費精算内訳書
(4)様式4 請求書
(5)様式   事業予算書
(6)様式  事前チェックシート
(7)様式  研修会事前確認シート
(8)様式  研修会当日確認シート

◆募集期間
 「C提案型(後期)」2019年7月26日(金)~2019年8月30日(金)
 募集案内はこちらから、ダウンロードすることができます。
◆採択件数と研修会実施時期・支援の決定
 採択件数:若干数
 実施時期:採択後から2020年1月末日までに実施する研修会とします。
 支援決定:支援の可否並びに補助金については、事業(研修会)支援決定を団体代表者に通知
 します。

◆審査方法
 申請書類は、「研修企画基準」に基づき、研修会内容や支出予定金額、開催の地域・時期・時間
 のバランスなどを総合的に勘案し、共催研修会として審査し、その採否を通知します。
 申請された問合わせ等について、下記のとおりに行います。

 1.審査の結果により変更や照会を求めることがあります。
 2.審査の結果不採択になることがあります。
 3.申請にかかる費用については、採択結果を問わず共催研修の実施団体の負担とします。
 
◆支援(依頼)内容
 1.原則として、事業運営は共催研修の実施団体が、主体的に実施して下さい。
 2.研修会案内等の周知媒体に、共催団体として「公益社団法人 神奈川県薬剤師会」と記載して
  下さい。
 3.神奈川県薬剤師会は、研修会の広報支援(印刷物、ホームページ等)を行います。
 4.研修会当日は、関係者が「研修モニター」として参加し、研修内容がCPC に準拠しているか
  等を確認する事で、研修会の質的な向上を期待できます。
 ※4 の項目は、C提案型のみに該当します。

◆財政支援
 一回の開催につき上限20万円とし、原則として総事業費の二分の一を対象とする財政支援を行
 います。

  (1)講師謝金・交通費
  (2)飲料費(ただし、研修時間内の飲むものに限る)
  (3)会場使用料
  (4)印刷製本費
  (5)備品(投影機器、文具等の研修内で使用するもの)

問い合わせ先
公益社団法人神奈川県薬剤師会 事業課
235-0007神奈川県横浜市磯子区西町1411
E-mail/jigyou@mail.kpa.or.jp

1

[inquiryform form_id=122]

褥瘡治療薬サミット inかながわ2019 開催について(ご案内)

平成31年2月13日

褥瘡治療薬サミット in かながわ2019
各 位

公益社団法人 神奈川県薬剤師会 会長 鵜飼 典男   
公益社団法人 神奈川県病院薬剤師会 会長 佐藤 透

褥瘡治療薬サミット inかながわ2019 開催について(ご案内)

標記の件について、下記のとおり開催しますのでご案内申し上げます。

1.日時・食事・会場
  (1)日時:平成31年2月24日(日)9:00 ~ 16:40(予定)
  (2)会場:横浜市立大学 福浦キャンパス 看護教育研究棟(横浜市金沢区福浦3-9)
    ※注意事項
     ・昼食は各自でご用意願います。
     ・車でのご来場はお断りいたします。
     ・本研修会は始めに研修の全体説明をいたしますので、遅れることのないよう
     開始10分前までにお集まりください。

2.スケジュール
  (1)受付開始:8時30分
  (2)挨拶・ガイダンス:9時~9時15分
  (3)講義:9時15分~

3.受講者参加費:※原則事前申込み・事前受講料振込みとなります。
  (1)神奈川県薬剤師会会員・神奈川県病院薬剤師会会員 2,000円
  (2)神奈川県薬剤師会認定 「くすりと健康相談薬局の認定薬局勤務者」 2,000円
  (3)日本病院薬剤師会会員 2,500円
  (4)上記団体に属さない方 3,000円
  ========下記振込先に期限までにお支払いください========
   〈振込先〉郵便振替
       口座番号 00240-8-7450   加入者名 神奈川県薬剤師会

       ゆうちょ銀行
       【店名】〇二九(ゼロニキュウ店)【店番】029
       【預金種目】当座【口座番号】0007450【名義】(シャ)カナガワケンヤクザイシカイ
        通信欄 「参加者氏名、連絡先(日中連絡が取れる携帯番号等)、会員区分、
           くすりと健康相談薬局認定薬局勤務者の方はその旨」を記入ください。

      *領収書が必要な場合は「郵送先の住所、宛名、連絡先」を事務局へ連絡ください。

   〈振込期限〉2月21日(木)まで

      (5)受講料振込の注意点
    ① 受講料振込期限までに納付が確認できなかった場合は、受講予約登録された講習
                  をキャンセルとみなします。
    ② 受講料振込の際に振込手数料がかかります。
    ③ 受講料を振込んだことを証明する「受領証」の控えは講習会終了時まで大切に保管
    してください。

4.準備品:筆記用具、レポート用紙等は各自ご持参ください。

5.問合せ先 :神奈川県薬剤師会事務局
       〒235‐0007 横浜市磯子区西町14-11
       Tel:045-751-7065(直通) Fax:045-751-4460
       E-mail:jigyou@mail.kpa.or.jp

 

 *当日の連絡先:080-8017-6455(神奈川県薬剤師会 携帯)

以上

横浜市立大学 福浦キャンパスマップ

  • JR「新杉田駅」、京浜急行「金沢八景駅」より
    シーサイドライン「市大医学部駅」下車徒歩1分

C 提案型共催研修会 

地域から発信される創意あふれる研修会です。

◆募集条件
 以下の①~④を満たすこと。
 ①共催研修の対象実施団体:
  (ア)薬剤師会等の薬事又は医療に関して公益的な事業を行っている法人
  (イ)病院などの医療機関、大学などの研究教育機関
  (ウ)上記の他、公益社団法人神奈川県薬剤師会が適当と認める個人・団体等 
  ※上記のいずれにおいても、政治・宗教・営利を目的とした活動をしていないこと。
 ②研修内容: 
       「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)」でプログラムとしていること。
 ③研修シール:「神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度」の研修シールとする。
 ④研修時間:神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度規則細則第3条の単位基準より
  (ア) 45分以上90分未満:0.5単位
  (イ) 90分1単位(以後、45分ごとに0.5単位 ただし、1日上限4単位)
  (ウ) 講師、演者は1回1単位付与

◆申請方法
 研修1回開催の研修会ごとに、書類を申請ください。
  1.開催申請書
  2.研修会次第
  3.事業費積算内訳書
  4.  事業見積書
  5.  事前チェックシート
  6.(研修終了後)実施報告書
  7. (研修終了後)請求書
  8. (研修終了後)テキスト2セット
  9. 研修プログラム(次第)
  10.受講者名簿
   ※年度を通じて1団体5回限りとします。        
        11.研修会事前確認シート
        12.研修会当日確認シート

 様式は、下記のとおりダウンロードすることが出来ます。
  (1)開催申請書(c依頼型)
  (2)実施報告書
  (3)事業費積算内訳書
  (4)請求書
  (5)事業予算書 
        (6)事前チェックシート

◆募集期間
 「C提案型(前期)」 2019年1月10日(木)~2019年2月8日(金)
 募集案内はこちらからダウンロードすることができます。

◆採択件数と研修会実施時期・支援の決定
 採択件数:若干数
 実施時期:採択後から2020年1月末までに実施する研修会とします。
 支援決定:支援の可否及び補助金額については、事業(研修会)支援決定を団体代表者に
       通知します。

◆審査方法
 申請書類は、「研修企画基準」に基づき、研修会内容や支出予定額、開催の地域・時期・時
    間のバランスなどを総合的に勘案し、共催研修会として審査しその採否を通知します。申請
    された問合わせ等について、下記のとおりに行います。
 1.審査の結果により変更や照会を求めることがあります。
 2. 審査の結果不採択になることがあります。
 3. 申請にかかる費用については、採択結果を問わず共催研修の実施団体の負担とします。

◆支援(依頼)内容
 1. 原則として、事業運営は共催研修の実施団体が、主体的に実施して下さい。
 2. 研修会案内等の周知媒体に、共催団体として「公益社団法人 神奈川県薬剤師会」と記載
        して下さい。
 3. 神奈川県薬剤師会は、研修会の広報支援(印刷物、ホームページ等)を行います。
 4. 研修会当日は、関係者が「研修モニター」として参加し、研修内容がCPCに準拠しているか等を
         確認する事で、研修会の質的な向上を期待できます。

◆財政支援
 一回の開催につき上限20万円とし、原則として総事業費の二分の一を対象とする財政支援を行います。
  (1)講師謝金・交通費
  (2)飲料費(ただし、研修時間内の飲むものに限る)
  (3)会場使用料
  (4)印刷製本費
  (5)備品(投影機器、文具等の研修内で使用するもの)

◆問い合わせ先
公益社団法人神奈川県薬剤師会 事業課
〒235-0007神奈川県横浜市磯子区西町14番11号
E-mailjigyou@mail.kpa.or.jp

B 依頼型共催研修会 

神奈川県薬剤師会の各委員会が企画・運営する研修会を、地域と共に行う研修会です。

◆募集条件
 以下の①~④を満たすこと。
 ①共催研修の対象実施団体:
  (ア)薬剤師会等の薬事又は医療に関して公益的な事業を行っている法人
  (イ)病院などの医療機関、大学などの研究教育機関
  (ウ)上記の他、公益社団法人神奈川県薬剤師会が適当と認める個人・団体等
  ※上記のいずれにおいても、政治・宗教・営利を目的とした活動をしていないこと。
 ②研修内容:   2019年度共催研修概要一覧(B依頼型)からご確認ください。
       「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)」【平成23年度版】でプログラムとしていること。
 ③研修シール:「神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度」の研修シールとする。
 ④研修時間:神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度規則細則第3条の単位基準より
  (ア) 45分以上90分未満:0.5単位
  (イ) 90分1単位(以後、45分ごとに0.5単位 ただし、1日上限4単位)
  (ウ) 講師、演者は1回1単位付与

◆申請方法
 研修1回開催の研修会ごとに、書類を申請ください。
  1.研修会共催開催申請書(申込の受付は終了いたしました。)
  2.研修会次第
  3.事業費積算内訳書
  4.  事業見積書
  5.(研修終了後)実施報告書
  6. (研修終了後)請求書
  7. (研修終了後)テキスト2セット
  8. 研修プログラム(次第)
  9.受講者名簿
   ※年度を通じて1団体5回限りとします。
     10.研修会事前確認シート
     11.研修会当日確認シート

 様式は、下記のとおりダウンロードすることが出来ます。
  (1)開催申請書(B依頼型)申込の受付は終了いたしました。
  (2)実施報告書
  (3)事業費積算内訳書
  (4)請求書
  (5)事業予算書

◆募集期間
  「B依頼型(前期)」 申込の受付は終了いたしました。
 募集案内はこちらからダウンロードすることができます。

◆採択件数と研修会実施時期・支援の決定
 採択件数:若干数
 実施時期:採択後から2020年1月末までに実施する研修会とします。
 支援決定:支援の可否及び補助金額については、事業(研修会)支援決定を団体代表者に
       通知します。

◆審査方法
 申請書類は、「研修企画基準」に基づき、研修会内容や支出予定額、開催の地域・時期・時
    間のバランスなどを総合的に勘案し、共催研修会として審査しその採否を通知します。申請
    された問合わせ等について、下記のとおりに行います。
 1.審査の結果により変更や照会を求めることがあります。
 2. 審査の結果不採択になることがあります。
 3. 申請にかかる費用については、採択結果を問わず共催研修の実施団体の負担とします。

◆支援(依頼)内容
 1. 原則として、事業運営は共催研修の実施団体が、主体的に実施して下さい。
 2. 研修会案内等の周知媒体に、共催団体として「公益社団法人 神奈川県薬剤師会」と記載
        して下さい。
 3. 神奈川県薬剤師会は、研修会の広報支援(印刷物、ホームページ等)を行います。

◆財政支援
 一回の開催につき、上限20万円とし、原則として総事業費の二分の一を対象とする財政支援
     を行います。
 1.講師謝金・交通費
 2.会場使用料
 3.印刷製本費

◆問い合わせ先
公益社団法人神奈川県薬剤師会 事業課
〒235-0007神奈川県横浜市磯子区西町14番11号
E-mailjigyou@mail.kpa.or.jp

 

A認定型研修会・B依頼型共催研修(担当委員会用)

1.開催計画
(1)提出書類 研修会開催アンケート、研修会開催申請書(A)(B)
(2)申請締切 2019年11月29日(金)
(3)提出先  生涯学習委員会 研修企画・運営小委員会
(4)申請様式 
  研修会開催アンケート

   ア.倫理研修委員会
   イ.医療・介護保険委員会
   ウ.地域保健委員会
   エ.公衆衛生・学薬委員会
   オ.リスクマネジメント委員会
   カ.学術大会実行委員会  
   共通様式     

   キ.   研修会(A.認定型)開催申請書 
     ク. 研修会(B. 依頼型)開催申請書 
     ケ. 研修会事前確認シート
     コ. 研修会当日確認シート

2.審査日程調整
(1)審査回答 2019年12月下旬

3.開催申請
(1)提出書類 研修会開催計画書、研修式次第
(2)提出期限 開催日の3か月前(但し、薬壺掲載の場合は原稿入稿日)
(3)提出先  生涯学習委員会 研修企画・運営小委員会
(4)申請様式 研修会開催計画書

4.審査
(1)研修目的、到達目標、研修PS領域(1~5)設定及び講師選定の確認

5.審査結果(結果通知)
(1)研修会開催計画書の受理書の発行
(2)研修受講シールの発行
(3)研修会共通アンケートの依頼

6.報告
(1)提出書類等    
       ア.神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度研修会実施報告書(研修受講シール報告)
     イ.研修会配布資料(2セット) 

       ウ.共通アンケート集計
     エ.研修会終了報告書

(2)提出期限      研修実施日から2ヶ月以内
(3)提出先    生涯学習委員会 研修企画・運営小委員会
(4)申請様式   研修会終了報告書
        

(お詫び)2016 保険薬局ハンドブックの一部訂正について

 2016年12月発行の「2016保険薬局ハンドブック」において、誤りがありました。読者の皆様に謹んでお詫び申し上げるとともに、下記のとおり、訂正いたします。

2016保険薬局ハンドブック 192ページ
(誤)
 自家製剤加算の注意事項
  分割した用量と同量の製剤が有る場合又は製剤を組み合わせると分割した用量に
 相当する製剤が有る場合は算定できない。

(正)
 自家製剤加算の注意事項  (上記の下線分削除)
  分割した用量と同量の製剤が有る場合は算定できない。

 

神奈川県薬剤師会
医療・介護保険委員会
委員長 永持 健

平成29年度OSCE評価者養成講習会申込フォーム

[inquiryform form_id=66]

平成27年度くすりと健康相談薬局

 本年9月6日に「くすりと健康相談薬局」認定証交付式を開催し、118薬局が認定されました。

DSC_0041

「くすりと健康相談薬局」制度について(事業概要)

1.新制度設置の背景
 平成2年4月から始まった基準薬局制度は、医薬分業の普及のため、当時、処方せんの受取率が10%程度であったことから、基準薬局を処方せん調剤の受皿としてスタートした。
 その後、日本薬剤師会は、全国の処方せん受取率が約65%に達したことから所期の目的をほぼ達成したとして、平成24年10月に平成26年度末をもって発展的解消するとし、この薬局制度の取扱いについては都道府県薬剤師会に一任された。
 このため、本会では平成25年度から外部委員を含む新制度検討委員会を設置し、解消後の基準薬局制度の取扱い、今後の薬局のあり方などについて検討を重ね、基準薬局制度に替わる新たな薬局制度として「くすりと健康相談薬局」制度を本年度よりスタートさせることとした。

2.新制度の目的
 新たな薬局制度は、平成26年1月の厚生労働科学研究費補助金事業における「薬局の求められる機能とあるべき姿」などを参考に、県民の健康増進や疾病予防、在宅医療・介護への取り組み、地域の事業への参加など、県民・患者への貢献を中心に据え、まさに「かかりつけ薬局・薬剤師」を目指すものである。
 また、地域薬剤師会との協働事業として、新制度の普及に努める。

3.初回となる平成27年9月の認定・認定期間等
  ・申請期間  平成27年5月~6月
  ・申請薬局数  168薬局
  ・認定薬局数  118薬局
  ・認定期間  平成27年9月~平成30年8月(3年間)

4.新制度の周知
  チラシ、ステッカー、新聞広告などにより、広く県民に周知していく。
  ・第1段(平成27年11月15日掲載)
  ・第2段(平成28年 1月 9日掲載)

 

〈 各地域別認定薬局 〉

 1.横浜市鶴見区                   19.川崎市             

 2.横浜市神奈川区                  20.相模原市                

 3.横浜市西区                     21.横須賀市・三浦市・逗子市・三浦郡   

 4.横浜市中区                     22.藤沢市    

 5.横浜市南区                     23.鎌倉市                

 6.横浜市港南区                   24.茅ヶ崎市・高座郡                 

 7.横浜市保土ヶ谷区(認定薬局なし)      25.平塚市・中郡                 

 8.横浜市旭区                     26.秦野市(認定薬局なし)

 9.横浜市磯子区                   27.伊勢原市

10.横浜市金沢区(認定薬局なし)         28.厚木市・愛甲郡(認定薬局なし)

11.横浜市港北区                   29.海老名市(認定薬局なし)

12.横浜市都筑区                    30.大和市・綾瀬市

13.横浜市緑区                     31.座間市

14.横浜市青葉区                   32.小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡

15.横浜市戸塚区                   

16.横浜市栄区                     

17.横浜市泉区                     

18.横浜市瀬谷区(認定薬局なし)      

平成27・28年度神奈川県薬剤師会役員名簿

役 職 新任 氏 名 選挙区
会 長 加藤 昇一 中区
副会長 * 鵜飼 典男 港北区
副会長 * 後藤 知良 藤沢市
副会長 * 小川 護 相模原市
専務理事 * 井上 雄一 横須賀市
常務理事 中北 英紀 川崎市
常務理事 唐澤 淳子 鶴見区
常務理事 * 竹内 尚子 相模原市
常務理事 * 長津 雅則 鎌倉市
理 事 嶋 元 川崎市
理 事 寺師 三千彦 港南区
理 事 坂本  悟 港北区
理 事 高堂 正 西区
理 事 山形 光正 中区
理 事 岩出 信幸 川崎市
理 事 向井 秀人 旭区
理 事 鶴岡 秀一 南区
理 事 金子 弘之 川崎市
理 事 * 阿部 正隆 鶴見区
理 事 * 荒井 俊明 小田原市
理 事 * 佐藤 克哉 相模原市
監 事 村瀬 一郎 県勤務
監 事 * 石井 理美 小田原市
*新任

平成27年度第1回在宅医療研修会(初心者向)申込

[inquiryform form_id=63]

保険薬剤師のための保険研修会介護報酬改定編(6/4)

[inquiryform form_id=62]

第3・4回高度管理継続研修会申込(3月12日)

[inquiryform form_id=12]

平成26年度在宅医療推進研修会 参加申し込み

[inquiryform form_id=57]

褥瘡治療薬サミットinかながわ2015HP申込

[inquiryform form_id=58]

平成26年度第1回神奈川県薬剤師会生涯学習研修会申込

[inquiryform form_id=44]

平成27年度保険薬剤師のための保険研修会(基礎編)申込

[inquiryform form_id=11]

平成27年度保険薬剤師のための保険研修会実践編申込

[inquiryform form_id=54]

20140724改正薬事法に係る研修会申込

[inquiryform form_id=54]

46件中0-25

ページの先頭へ