ホーム > 平成29年度の共催研修の提案・実施団体募集

平成29年度の共催研修の提案・実施団体募集

◆神奈川県薬剤師会 生涯学習認定制度とは

    神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度は、平成29年3月に薬剤師認定制度認定機構(CPC)の薬剤師生涯研修プロバイダーの認証を取得し、医療・薬学技術の進歩および医療ニーズの変化に伴う知識・技能・態度の修得、水準の高い業務実践に対応した薬剤師を育成・認定することで、「薬剤師の質の担保」を保証し、公衆衛生の向上、増進に寄与することを目的としている制度です。

◆共催研修会とは

    神奈川県薬剤師会生涯学習委員会研修企画・運営小委員会(以下、「研修企画・運営小委員会」と言う。)は、研修認定薬剤師の取得に必要な研修プログラムを企画・認定・運営しておりますが、本会会員の臨床現場におけるニーズに応え、また地域社会の保健増進に資する「提案型」研修を支援し、薬剤師の生涯学習における多様性を確保することを目的として、この度共催研修会を提案・実施する団体を募集します。

◆募集条件

以下の①~④を満たすこと

 ①共催研修の提案・実施団体

   (ア)薬剤師会等の薬事又は医療に関して公益的な事業を行っている法人
   (イ)病院などの医療機関
   (ウ)大学などの研究教育機関
   (エ)上記の他、研修企画・運営小委員会が適当と認める個人・団体等

 ②研修内容

   日本薬剤師会が公表している「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード」(PS)を研修プログラムとしていること

   PS1:ヒューマニズム(倫理)
     PS2:医薬品の適正使用(安全性、経済性)
     PS3:地域住民の健康増進(薬物乱用防止、セルフメディケーション)
     PS4:リスクマネジメント
     PS5:法律制度の遵守

 ③研修シール

     共催研修会で使用する研修シールは、「神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度」の研修シールとする

 ④研修時間

  神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度規則細則第3条の単位基準より

   (ア)45分以上90分未満:0.5単位
   (イ)90分1単位(以後、45分ごとに0.5単位 ただし、1日上限4単位)
   (ウ)講師、演者は1回1単位付与

◆申請方法

  共催研修の提案・実施団体は、共催研修会1回につき以下の書類を提出してください
 (ア)研修会開催申請書 
 (イ)事前チェックシート
 (ウ)研修会次第
 (エ)研修会支出予定額提案書
様式1word 様式2word 様式3word 様式4word   
事前チェックシートexcel

◆募集期間

   平成29年8月1日(火)~平成29年9月30日(土)

◆採択件数と研修会実施時期

   採択件数:若干数
   実施時期:採択後から平成30年1月末までに実施する研修会とします。

◆審査方法

   提出された書類については、研修企画・運営小委員会が「研修企画基準」をもとに研修会内容、支出予定額、開催地域・開催時期・開催時間のバランスなどを総合的に勘案し、共催研修会として審査しその採否を通知します。

※提出された研修会内容について、審査の結果により変更や照会を求めることがあります。
※提出された研修会内容について、審査の結果不採択になることがあります。
※申請にかかる費用については、採択結果を問わず共催研修の提案・実施団体の負担とします。

◆採択後の役割分担
    (ア)
申請が採択され、実施が決定した場合、原則として事業運営は関係団体が主催者として実施す
      ることとします。
   (イ)
実施が決定した場合、広告媒体(印刷物、ホームページ等)には本会との共催研修事業である
   ことを表示して下さい。
   (ウ)
共催研修会が開催された場合、研修内容の確認のために研修企画・運営小委員会の委員が「研
      修モニター」として研修会に参加することがあります。

◆財政支援

   1回の共催研修会につき上限20万円とし、原則として総事業費の二分の一を対象とする財政支援を行います。

◆問い合わせ先

〒235-0007神奈川県横浜市磯子区西町14番11号

公益社団法人神奈川県薬剤師会 事業課

E-mail:jigyou@mail.kpa.or.jp