ホーム > 医療関係者のみなさまへ > 多重受診・偽造処方箋対応

多重受診・偽造処方箋対応

多重受診・偽造処方箋対応

 

 昨今、会員薬局から多重受診・偽造処方箋の報告が増えております。

 過剰に入手した医薬品の不適切な使用や医薬品の転売等を未然に防ぐためにも

 神奈川県薬剤師会、保険者、保健所等の関係各所と連携を図ることが重要です。

 リスクマネジメント委員会では連絡票を用いて情報共有を行っております。

 また、多重受診・偽造処方箋対応フローチャートも作成しているので、

 フローチャートを参考にされたい会員の方は会員ページからダウンロードして

 頂き、非会員の方は事務局までご相談下さい。

   

   多重・偽造の疑いに係る連絡票

 

 【連絡票記載方法】

  個人情報保護の観点から以下の記載でお願い致します。

  ・氏名はイニシャル

  ・保険番号はそのまま記載

  ・記号・番号は頭2文字以外は●で記載

 【連絡票提出先】

  ・県薬事務局 : 事業課 <jigyou-ka@mail.kpa.or.jp>

  ・地域リスクマネジャー

  ・保険者

 ご協力宜しくお願い致します。