ホーム > 未分類(一般) > B依頼型共催研修会(2020年度募集)

B依頼型共催研修会(2020年度募集)

研修事業実施団体の募集を下記のとおりに行います。
なお、応募申請いただきました研修会に対し、生涯学習委員会研修企画・運営小委員会において選考審査を行います。後日、結果をご連絡さしあげます。

◆募集条件
 以下の①~④を満たすこと。
 ①共催研修の対象実施団体:
   (ア)薬剤師会等の薬事又は医療に関して公益的な事業を行っている法人
   (イ)病院などの医療機関、大学などの研究教育機関
   (ウ)上記の他、公益社団法人神奈川県薬剤師会が適当と認める個人・団体等 
  ※上記のいずれにおいても、政治・宗教・営利を目的とした活動をしていないこと。
 ②研修内容: 
       「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)」でプログラムとしていること。
 ③研修シール:「神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度」の研修シールとする。
 ④研修時間:神奈川県薬剤師会生涯学習認定制度規則細則第3条の単位基準より
  (ア) 45分以上90分未満:0.5単位
  (イ) 90分1単位(以後、45分ごとに0.5単位 ただし、1日上限4単位)
  (ウ) 講師、演者は1回1単位付与

◆申請方法
研修1回開催の研修会ごとに、書類を申請ください。年度を通じて1団体5回限りとします。
申請に必要な書類は下記のとおりです。
00. 募集一覧
01.  研修会開催申請書(B依頼型)
 ア. (研修コード2020401B)_プレアボイド合同研修会(B依頼型)
 イ. (研修コード2020201B)_褥瘡サミット2021研修会( B依頼型)
 ウ. (研修コード202041501B)_新任薬剤師研修会(B依頼型)
 エ. (研修コード2020101B)_倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
 オ. (研修コード2020102B)_倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
02.  事前チェックシート
03.  研修会開催計画書
04.研修会次第
05.事業予算書

研修会開催後に提出する書類は下記のとおりです。
06.実施報告書
07.  事業費精算内訳書
08.  請求書
09.  次第・テキスト2セット
10. 研修プログラム(次第)
11. 受講者リスト          
12. 研修会事前確認シート
13. 研修会当日確認シート 
 
様式は、下記からダウンロードすることができます。
(01)様式1  開催申請書(B依頼型)
  ア. 申請様式№01_2020B(研修コード2020401B)プレアボイド合同研修会(B依頼型)
  イ. 申請様式№02_2020B(研修コード2020201B)褥瘡サミット2021研修会(B 依頼型)
  ウ. 申請様式№03_2020B(研修コード202041501B)新任薬剤師研修会(B依頼型)
  エ. 申請様式№04_2020B(研修コード2020101B)倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
  オ. 申請様式№05_2020B(研修コード2020102B)倫理研修会(薬剤師倫理)(B依頼型)
(02)様式2 実施報告書
(03)様式3 事業費精算内訳書
(04)様式4 請求書
(05)様式   事業予算書
(06)様式  事前チェックシート
(07)様式  研修会事前確認シート
(08)様式  研修会当日確認シート
(09)様式  受講者リスト
(10)様式   研修会開催計画書

◆募集期間
 「B依頼型(2020年度募集) )」2019年12月10日(火)~2020年1月31日(金)

 募集案内はこちらから、ダウンロードすることができます。

◆採択件数と研修会実施時期・支援の決定
 採択件数:若干数
 実施時期:採択後から2020年1月末日までに実施する研修会とします。
 支援決定:支援の可否並びに補助金については、事業(研修会)支援決定を団体代表者に通知
 します。

◆審査方法
 申請書類は、「研修企画基準」に基づき、研修会内容や支出予定金額、開催の地域・時期・時間
 のバランスなどを総合的に勘案し、共催研修会として審査し、その採否を通知します。
 申請された問合わせ等について、下記のとおりに行います。

 1.審査の結果により変更や照会を求めることがあります。
 2.審査の結果不採択になることがあります。
 3.申請にかかる費用については、採択結果を問わず共催研修の実施団体の負担とします。
 
◆支援(依頼)内容
 1.原則として、事業運営は共催研修の実施団体が、主体的に実施して下さい。
 2.研修会案内等の周知媒体に、共催団体として「公益社団法人 神奈川県薬剤師会」と記載して
  下さい。
 3.神奈川県薬剤師会は、研修会の広報支援(印刷物、ホームページ等)を行います。
 4.研修会当日は、関係者が「研修モニター」として参加し、研修内容がCPC に準拠しているか
  等を確認する事で、研修会の質的な向上を期待できます。
 

◆財政支援
 一回の開催につき上限20万円とし、原則として総事業費の二分の一を対象とする財政支援を行
 います。

  (1)講師謝金・交通費
  (2)会場使用料
  (3)印刷製本費    他
  

問い合わせ先
公益社団法人神奈川県薬剤師会 事業課
235-0007神奈川県横浜市磯子区西町1411
E-mail/jigyou@mail.kpa.or.jp